茅ヶ崎の総合学習塾Ysは、臨時休校中も生徒、保護者の方々にお応えしています

2020/03/19

茅ヶ崎市香川の総合学習塾Ysは、中学生のみ3月2日~6日をお休みとしましたが、小学生は学童クラブアフターキッズが3月2日朝7時30分より毎日開室しているため、とくにお休みをとっておりません。

総合学習塾Ysは、少人数制であること、なによりも生徒たち、保護者のみなさまのご希望に最大限応えることを重視していることから、新型コロナウイルスによる出席、欠席は、生徒保護者の方々の専権事項であり、選択肢をきちんとお示しする意味も込めて、他塾のように長期休業はしておりません。

さらには、開室日は毎日授業を行うことで、勉強のリズムを崩すことなく、学習の遅れを生じさせないように配慮しています。

また、中学生については、学校も部活動もお休みのため、危険性が高まる夜遅くまで授業をする必要はなく、明るい時間帯にきちんと授業を受けて帰宅できるように、生徒たちの安全面にも最大限配慮して運営しております。

小学生も中学生も通常、週2、3回の授業を毎日元気よく受講しています。おうちでゲーム三昧、ぐうたら生活をしている子たちとの学力差がつくのは必然です。

毎日単語テストを実施することで定着を図ったり、詰め込むことなく少しずつ繰り返し学習できることなど、毎日授業が行える利点を最大限生かすことのできる重要な休業期間と位置づけ、総合学習塾Ysの生徒たち、子どもたちは、いつも以上に向上し伸びています。

総合学習塾Ysでの衛生対策は、例年インフルエンザシーズンにはマスクの無償利用ができるようにマスクを設置しているため、今回の新型コロナウイルス問題が発生しても、豊富な在庫のあるマスクはいつも通り、生徒子どもたちが自由に使えるように設置しています。

また、消毒液や、手指アルコール液も通常通り設置しています。

手を洗うことを推奨しており、アフターキッズ生は公園から戻った時(場合によっては公園で)、必ず手を洗っておりますが、ポンプ式泡石けんボトル、ペーパータオルも当然設置しております。

総合学習塾Ysでは、開室する以上、生徒子どもたちへの協力要請ではなく、衛生準備をすることは子どもたちの健康のためには至極当然であると考えています。

成績を上げることだけが学習塾の存在意義ではないとの思いから、総合学習塾Ysは生徒たち子どもたちの居場所としての役割を備え、それには子どもたちの心身の健康に気を遣うのは当然であるとの考えの下、運営されています。