茅ヶ崎の総合学習塾Ysでは、子どもたちの安全を第一に活動しています。

2018/08/13

総合学習塾Ysでは、進学補習指導、サッカー指導、そして学童クラブと子どもたちを多角度から成長させるさまざまなプログラムを「総合」的に行う塾です。

その中で、最も重視しているのが子どもたちの安全についてです。

総合学習塾Ysのサッカー教室では、Jリーグ観戦や選手たちとの触れ合いの会への参加など、学童クラブである「アフターキッズ」や休日限定の「ホリデーキッズ」では、教室内にとどまらず、できるだけ外で活動するようにしています。

どちらも車や電車を使った「おでかけ」が多いため、子どもたちの安全を第一に、周囲の人たちへ迷惑をかけないように指導をしています。

この一見、当たり前に思える内容をなぜわざわざここに書いているのかというと、子どもの安全とは程遠い場面に多く遭遇するためです。

車での送迎を行っている学習塾は、総合学習塾Ysもその一つではあるのですが香川地区には複数存在します。

その中の1つの学習塾の光景で、多くの生徒さんが塾へと向かう歩道の一番後ろから、引率の塾講師が歩きスマホをしながら塾へ向かう光景を保護者の方々はどう思うでしょうか。

また、公園から学童へ帰る多くの子どもたちが歩道を歩いていましたが、その中の数人が車道を歩き、3人前後いた引率の大人が注意、指導もできない光景を保護者の方々はどう思うでしょうか。

歩きスマホは論外としても、総合学習塾Ysではそんな状況は子どもたちを成長させるいいチャンスと受け取り、教育活動の一環としてきちんと指導していきます。

もっとも、総合学習塾Ysではそうなる前に指導しますので、上記のようなひどい状況にはなりません。

いずれにしても総合学習塾Ysに在籍するすべての子どもたちが、自ら安全を意識し、周囲への配慮も意識できるしっかりとした大人へと成長してくれることを願い、日々子どもたちと向き合っています。