北陽中、鶴が台中の中間テストが終わり、好結果が続々報告されています。

2018/06/18

北陽、鶴が台の中間テストが終わり、Ys生の健闘が光る結果となったことに講師一同喜んでいます。

Ysは今年2月に新規開校をし、実質初めての定期テストとなりました。このテストは、入塾前と入塾後を比較するには大変分かりやすいテストとなるので、結果が待ち遠しいところでした。

その結果、基本的な計算が苦手で伸び悩んでいた生徒が60点以上を取ったり、今まで50点に満たなかった生徒が80点を大きく超えたりと、3月の成績が何かの間違いではないかと思うぐらいの点数を取ることができました。

このように結果が出ることは、Ysにご理解とご協力をいただき続けている保護者の方々、そして何より自分のため、お父さんお母さんのため、Ysの先生たちのためと頑張った生徒たちの努力のたまものであることは間違いありません。

Ysといたしましては、学習塾なので成績を上げる、学力を上げることは当然の職務です。他塾で高額な費用を支払っていながら全く結果が出ない生徒は、塾へ対する考え方を変えないとこの先も厳しいかもしれません。

Ysは成績、学力の向上は当然ですが、子どもから大人への過渡期の子どもたちの思考力の向上、心の成長も担っていると考えています。授業への向かい合い方、友だちとの接し方なども随時子どもたちに語り掛けています。

こうして、定期テストの好結果同様、人としての成長も好結果を出していく、これがYsの指導の根幹です。

これから前期期末テストでさらなる成長をさせるべく、Ysでは決して気を抜くことなく子どもたちと前に進んでまいります。