総合学習塾Ysでは、授業中、教室内での生徒の私語は一切なく集中しています。

2018/04/24

こんにちは。

今日は総合学習塾Ysの授業風景と生徒たちの様子をお伝えいたします。

ある学習塾を通るといつでも子どもたちのにぎやかな声が聞こえてくるので、私たちの塾とは全く異なると感じたことから、このテーマにしてみました。

確かに、楽しくやることを目的にやることはとても大切ですし、生徒を飽きさせないことはどの塾もテーマとしているはずです。

しかし、学習塾の最大の目標は、子どもたちの学力を伸ばすこと。短期目標としては、成績を上げることです。生徒が友達とおしゃべりに興じるために通い、授業時間でも楽しくおしゃべりをしていられる環境は、生徒たちにとっては「楽しい」ことでしょう。

よく、成績40以上が何人!とか、オール5が何人!と謳う学習塾がありますが、それは、そのぐらいの成績をとれる生徒が在籍していれば当然のことです。以前、私が指導した生徒にもそういう子がいましたが、そういう子は、一度聞いただけで覚えられる能力を持っています。

しかし、私を含め大半の人間はコツコツ努力をしないと身に付きません。ましてにぎやかな環境で集中することも困難です。

総合学習塾Ysでは、静かな環境で学習を進めていきます。講師による大声での威圧的授業も行いません。それは在籍する一人ひとりに、学習する権利、授業を受ける権利があるからです。他者のことを考えること、他者を認めることなど、道徳の基礎となることも指導しています。

総合学習塾Ysでは、小学生から中学生まで ゛学ぶ仲間”として尊重しあえる環境を作っています。その中で、分かる楽しさ、成績が上がる楽しさ、休み時間の講師とおしゃべりをする楽しさ、などを存分に味わって、生徒たちは日々学力向上のために努力しています。

テスト前でない今でさえ、自主的に補習に来る子もいますし、通常授業のみならず個別指導を受けに来る生徒もいます。小学生の家庭学習プリントを自主的に大量に持ち帰り、翌日には添削指導を受ける子もいます。

今、総合学習塾Ysに通う全員が、勉強に対して大変前向きにがんばっています。大人があおらなくても生徒たちは自主的にこうなっていくのが本来の塾の姿であり、総合学習塾Ysの特長でもあります。